基本知識

スポンサーリンク

基本単位系

 (R2.1)
・ニュートン 
 N:組立単位 kg・m・s-2

★ジュール 
 J:組立単位 kg・m2・s-2,N・m

・電子クーロン 
 C:組立単位 A・s

・ボルト 
 V:組立単位 m2・kg・s-3・A-1

★ワット 
 W:組立単位 kg・m2・s-3,J・s-1

・圧力 
 Pa:組立単位 kg・m-1・s-2,N/m2
 標準気圧:1013.25hpa(1hPa=100Pa)
 水銀柱ミリメートル1mmHg = 133Pa

重要定数

 (R2.1)
・光速 = 3×108 (m/s)
・プランク定数h = 6.6×10-34 (J ・s)
・電子の質量 = 9.1×10-31 (kg)
★電子ボルトeV = 1.6×10-19 (J)
 素電荷eをもつ荷電粒子が1Vの電位差で加速されたエネルギーが1eV

・ln(2):0.693 
・ln(10):2.3  
・ネイピア数e:2.7

様々な単位

★密度ρ = g/cm3
 水の密度=1[g/cm3],
 空気の密度≒0.001[g/cm3]

★1バーン = 10-24(cm2)

・1Å = 10-10(m)
・1cal = 4.2(J) 
・1e = 1.6×10-19(C:クーロン)
・1L = 100(cm3)  
・1mol = 22.4(L) 
・キュリー1Ci = 226Raが1g = 37(GBq)
・ファラド1F = 1C/V
・アンペア1A = 1C/s 
・ボルト1V = 1J/C
・オーム1Ω = 1V/A 
・ワット1W = 1V×A
・ニュートン1N = g×m×s-2 
・水の比熱 = 1cal/(g・K) 

放射線まとめ 

・非電離放射線
:電波,紫外線,可視光,(紫外線)など

・電離放射線
 直接電離放射線:荷電粒子 
 間接電離放射線:光子,中性子,(紫外線)

・電磁放射線光子線
(γ線*1,特性X線*1,制動X線*2,消滅X線*1)

・粒子放射線
 α線*1,
 β線*2,電子線*2(オージェ電子*1,内部転換電子*1),
 陽電子線*2
 陽子線*2
 重粒子線*2
 中性子線*2

*1:単一スペクトル放射線  
*2:連続スペクトル放射線

放射線物理学に関する単位や定義

(R3.24.25.32, R2.18.25,R1.23.30.31)

名称単位定義
フルエンスm-2単位断面積当たりの球内に入射する粒子数
フルエンス率 m-2・s-1単位時間当たりのフルエンスの増加分
エネルギー
フルエンス率
J・m-2・s-1単位時間当たりのある断面積の球内に入射した放射エネルギー
断面積m2入射した荷電粒子あるいは非荷電粒子によって
生じた特定の相互作用に対するターゲット物質そのものの断面積
=(1個のターゲット物質との相互作用を起こす確率)÷(フルエンス)
線減弱係数m-1 
質量減弱係数m2・kg-1非荷電粒子がある密度の物質中のある距離を通過する間,
作用を起こす割合
質量エネルギー
転移係数★
m2・kg-1非荷電粒子が,ある密度の物質中のある距離を通過する間,
相互作用により荷電粒子(二次電子)の運動エネルギーに付与される
入射粒子の放射エネルギーの割合
質量エネルギー
吸収係数★
m2・kg-1 =質量エネルギー転移係数×(1-g)
g:物質中で制動放射により失われる二次荷電粒子のエネルギーの割合
質量阻止能★J・m2・kg-1荷電粒子が,ある密度の物質中のある距離を通過する間に失うエネルギー
線エネルギー付与
(LET) ★
 J・m-1
(keV/μm)
単位長さあたりに,荷電粒子が電子との衝突により失ったエネルギー
ただし,⊿を超える運動エネルギーを有するすべての
二次電子の運動エネルギーの合計は差し引かれている
放射線化学収率 mol・J-1 単位エネルギー当たりで,
どれくらいその系の物質が変化したかの物質実体の平均量
W値Jある気体の一定体積中に吸収された全エネルギーを,
その体積中で生じたイオン対数で除した値
カーマ★ J・kg-1
=Gy
ある物質の単位質量あたりに,非荷電粒子によって生成された
すべての荷電粒子の初期運動エネルギーの総和
=エネルギーフルエンス×質量エネルギー転移係数
衝突カーマ★J・kg-1=カーマ×(1-g) 
=エネルギーフルエンス×質量エネルギー吸収係数
照射線量★C・kg-1空気の単位質量当たりに,光子によって生成した一方の電荷量の絶対値
二次電子の制動放射線を含まない値である
吸収線量★J・kg-1
=Gy
ある物質の単位質量あたりに,電離放射線により付加された平均エネルギー
シーマ(セマ) J・kg-1ある物質の単位質量あたりの,電子衝突で,二次電子を除く荷電粒子のエネルギー損失
放射能s-1単位時間あたりに,放射性核種が壊変する数
壊変定数s-1単位時間当たりに,放射性核種が壊変する確率
空気カーマ率定数m2・J・kg-1放射能AからLmの距離における空気カーマ率
K=空気カーマ率定数×A/L2

 

コメント

error:Content is protected !!